胡蝶蘭の色と品種

胡蝶蘭には50種もの品種があります。ピンク、黄色、紫、白など色の種類も豊富です。

品種ピンク系の場合、鮮やかなピンク色が美しく女性に人気のある品種「ウエディングプロムナード」や、ミニタイプですが淡いスモーキ―ピンクが品の良い「小春」などがあります。黄色系には、鮮やかな黄色の大輪胡蝶蘭である「サンライズスター」や、さわやかな印象の薄めのレモンイエローが眼を引くミディ胡蝶蘭の「ピュアムーン」などが有名です。紫系統では、世界中で4か国しかない珍しい品種である「パープルエレガンス」があります。白系では「白大輪V3」が代表選手です。大輪の白い花が咲き、花の並び方が美しく、花が長く持つことから日本では人気があり、ビジネスの贈答品として重宝されています。他にも、ミニサイズの白い花が並んで咲く「アマビリス」もプレゼントに向いた胡蝶蘭です。

プレゼントとして胡蝶蘭を贈る時には、そのシーンによって色には注意しましょう。例えば、新築のお祝いや開店のお祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、赤は避けましょう。赤は火事を連想してしまうからです。どの色を選ぶか迷ってしまった場合は、白が無難で安心です。

「幸福が飛んでくる」胡蝶蘭。プレゼントに最適です。