胡蝶蘭の色と品種

胡蝶蘭には50種もの品種があります。ピンク、黄色、紫、白など色の種類も豊富です。

品種ピンク系の場合、鮮やかなピンク色が美しく女性に人気のある品種「ウエディングプロムナード」や、ミニタイプですが淡いスモーキ―ピンクが品の良い「小春」などがあります。黄色系には、鮮やかな黄色の大輪胡蝶蘭である「サンライズスター」や、さわやかな印象の薄めのレモンイエローが眼を引くミディ胡蝶蘭の「ピュアムーン」などが有名です。紫系統では、世界中で4か国しかない珍しい品種である「パープルエレガンス」があります。白系では「白大輪V3」が代表選手です。大輪の白い花が咲き、花の並び方が美しく、花が長く持つことから日本では人気があり、ビジネスの贈答品として重宝されています。他にも、ミニサイズの白い花が並んで咲く「アマビリス」もプレゼントに向いた胡蝶蘭です。

プレゼントとして胡蝶蘭を贈る時には、そのシーンによって色には注意しましょう。例えば、新築のお祝いや開店のお祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、赤は避けましょう。赤は火事を連想してしまうからです。どの色を選ぶか迷ってしまった場合は、白が無難で安心です。

「幸福が飛んでくる」胡蝶蘭。プレゼントに最適です。

胡蝶蘭を選ぶには

タイプ胡蝶蘭は花の咲く方向の違いで2つの種類に分けられます。1つは花が同じ方向を向いて咲くタイプもう1つは花の咲く方向が揃っていないタイプです。

咲く花のサイズで2種類に分けることもできます。片方は花径が10~15㎝ほどもある大輪胡蝶蘭、もう片方は花径4~5㎝のミディ(ミニ)胡蝶蘭です。値段は3,000円くらいから、数十万円を超えるものまで幅が広いのも胡蝶蘭の特徴です。

どのタイプを選ぶかは、どのような関係の人に贈るかによります。さまざまなお祝いの場を想定してどのタイプが最適かを考えてみましょう。

若い方が友人や恋人に胡蝶蘭をプレゼントするならば、価格帯は3,000円から5,000円くらいで、場所を取らないミニサイズが良いでしょう。結婚記念日や誕生日などの家族の中でお祝いをする場合は20,000円前後が相場となります。ご家族に高価な胡蝶蘭を贈るとその意外性に驚かれ、感謝されます。新築や引っ越しのお祝いにも胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」縁起がいいお花として喜ばれます。価格帯は10,000~20,000円くらいが相場です。お店の開店のお祝いなどビジネスシーンの場合は20,000~30,000円くらいの立派な胡蝶蘭を贈りましょう。